高円寺 パチンコ ロッカー

高円寺 パチンコ ロッカー

「ほら……、みんなと一緒に遊んでおいで

あなたも好きかも:7 スロット イベント
ね?」 首を傾げて優しく声を掛けると、その気配に反町も気が付き振り返り、優樹のスカートの裾を握ってモジモジとしている少年を見下ろし苦笑すると、腰を下ろして向き合った

「お兄ちゃんたち、今からお仕事なんだ

また遊んであげるからな」 笑顔で頭を撫でると少年は間を置いて小さく頷き、微笑む優樹を不安げにそっと見上げ、反町に目を戻すなり彼の耳に近寄って何かを囁いた

 反町は耳を傾けて小さな声に相槌を打っていたが、キョトンとして瞬きを繰り返し、離れた少年に「……はは」と少し愉快げに笑った

「大丈夫だよ、すぐ治るから

でも、あとで魔法を掛けてあげてくれな」 少年はコクンと頷くと、優樹のスカートを離してタタタッと教室とは違うところに走って行った

あなたも好きかも:パチスロ レバーオン
 ――彼はいったいなんだったのか

 背中を見送った優樹は、腰を上げた反町を見上げて首を傾げた

「……魔法?」「優樹の両手、怪我してるの、大丈夫かって聞いてきたんだよ」 優樹は両手の包帯を見下ろした

「早く治る魔法を知ってるから、掛けた方がいいのかな、ってさ」 少し吹き出し笑う反町に優樹はキョトンとし、ため息を吐いて切ない笑みを溢した

「あの子……すごくかわいい」「優樹の方がかわいいよ」 微笑み告げられ優樹が顔を赤くすると、反町は愉快げに笑って彼女を導き室内に入った

あなたも好きかも:アイウォレット 登録
 ――保育士から説明を受け、とにかく、飾りは子どもたちの手が届かない高さに付けようということになった

それなら破壊されることもない

そして、演劇の役だが……「誰も嫌な役をやりたがらなくて……」 と、保育士は困った様子でため息を漏らす

「みんな、主人公の奪い合いだし、目立つ役ばかりをしたがるから