スロット 百花 繚乱 天井

スロット 百花 繚乱 天井

 静かに行動しているつもりだったが、音がしない訳も無い

 どうにか一通り片付けたところで、モトちゃんが立ち上がり後ろを振り向いた

「あの二人をどうする気?」 サトミではなく、二人と呼びかけるモトちゃん

あなたも好きかも:パチンコ ジャンボ 相模原
 一人はサトミ

 もう一人は、うぬぼれではなく私だと思う

 ただ何故と思う間もなく彼女は警棒を構え、それを椅子へと叩き落した

「あの二人を傷付けるつもりなら、一生後悔して生きる事になる

私があなた達を、そうさせる」 静かな

 だけど彼女の気持ちが、思いが私には伝わってくる

 見捨てられなんてしてはいない

 それどころか、自分の身を危険に晒してまで私達のために戦おうとしてくれている

 たった一人で、その重荷を背負って

あなたも好きかも:777town パチンコ
 つい目頭が熱くなってくるけど、今は泣いてる場合じゃない

 若干気恥ずかしさと気まずさを感じながら、それでも彼女の前に出る

「……モトちゃん、私」「ユウ?どうしてここに」 暗闇に浮かぶ安堵の表情

 だがそれは、私の説明を聞いて一変する

「サトミを?どうしてこっちに来たのっ」 血相を変えて怒鳴りつけるモトちゃん

 彼女の言いたい事は分かる