free fall 攻略

free fall 攻略

そっくりな知り合いがいる……んだよね

でも——」「————っ

あなたも好きかも:八戸市 パチンコ屋
違う——っ! 確かにこの人は俺達の知ってるあの人じゃないかもしれない————だけど——」——それは——あたし達の敵なんだよ——

キルケーさんはそう言って、そしてまた嫌悪感のこもった目を僕達に向ける

違う——違うんだ——っ

この人は……マーリンさんは、僕達の敵じゃ…………敵なわけが……無くて…………「——喜ぶ……のはさ

そりゃあ……知ってる人に似てるなら、難しいかもしれない

あなたも好きかも:サイボーグ009 パチンコ 信頼度
だけど……っ

だけど——これでやっと——やっと安全になったのに——っ! どうして……どうして二人とも……っ」 青白かったキルケーさんの顔はだんだん赤くなっていって、そして遂にボロボロと涙をこぼし始めてしまった

どうして——そんな奴の為に泣くの——

その疑問はすごく冷酷で、けれど……僕達のこの涙も…………彼女にとってはとても残酷なもので……「————ソイツの所為でみんな————っ

みんなが……いなくなって……っ

ヘカーテだって——っ!」 彼女の怒鳴り声に、僕達の周りにいた動物達もみんな逃げ出してしまった

ずんずんと歩み寄ってくるその姿は、どこか痛ましいものにも見えた

小さな肩を震わせて、それにあわせて銀色の羽根がさらさらと擦れ合って

キラキラ光って綺麗なのに、すごく……すごく、儚い幻みたいに見えてしまって……「——ソイツがいなかったら——もっとヘカーテと一緒に居られたのに——っ! ソレが——あの子を——ヘカーテを殺したのに————っ! どうして二人は——そんな奴の為に————っ‼︎」 キルケーさんの剣幕に、僕の涙はちょっとだけ引っ込んでしまった

もともと出所の曖昧な悲しさだ、目の前で打ち拉がれる彼女の姿を目の当たりにすれば、当然優先順位が下げられる