勝ちやすいギャンブル

勝ちやすいギャンブル

 第三の眼を開眼させたシヴァが話さ無かったのは、シヴァ自身が戦いに集中する為だったらしい

 正気は保っているので戦う点では問題無いが、割りとお喋りだったシヴァが無口になるというのは今更だが気になるものだった

「じゃ、あと数日は話さなくても良い!」「……テメェがか?」 刹那、ライとシヴァは宇宙空間で激突し、真空の暗闇に圧倒的破な壊力を誇る衝撃を生み出した

 その衝撃は下にある銀河系サイズの惑星の大気を揺らし、星全体の雲を吹き飛ばして更に広がる

 近隣の星々は砕けて超新星爆発が起こり、その欠片は目映《まばゆ》く光る流星と化した

 その流星は四方八方へ散り、鮮やかに光ながら暗闇を照らす光となった

 そして、その場からライとシヴァの姿は消え去っていた

「「オラァ!!!」」 それと同時に宇宙空間に存在する筈の無い音が響き、新たな衝撃が生まれて流星の欠片を更に細かく砕く

 その光が消え、辺りは漆黒の闇に包まれる

しかしそれでも尚、ライとシヴァは相手の存在を目視出来ていた

あなたも好きかも:パチンコ 清流物語 スペック
「ラァ!!」「……ッ!」 次の瞬間、ライは星の欠片を蹴り、シヴァにも目視できない速度で進んで蹴りを放った

あなたも好きかも:8 イベント スロット
 蹴られたシヴァは吐血し、血液を宇宙に漂わせて吹き飛ぶ

 そして幾つもの惑星を貫通し、数兆キロ進んだところで一際大きな恒星に激突してようやく停止する

「……うーん……これって元の星に戻ったとして十割使ったら一挙一動で砕けるな……こりゃ……」 ライは殺さぬように軽く蹴ったのだが、十割というものは軽く蹴るだけで数兆キロ吹き飛ばすので面倒この上ないだろう

 腕を組みながら何かを考えるライはその事が気になっていた

 自分の星の地上でこの力を使った場合、征服する予定の世界が砕けてしまう

「ハッ、テメェ……マジで何なんだよ……確かに魔王は全世界を治めていたが……幾らなんでもあり得ねェだろその力……」 そんなライに対し、第三の眼を開いているシヴァは呆れたように言う

 シヴァにも宇宙を破壊する力はある