coffee stain studios ビデオゲーム

coffee stain studios ビデオゲーム

 また、普墺戦争の結果ザクセン王国を含む北ドイツがプロシアの配下となったことで、プロシア軍も大きく変革して行きます

 更にプロシアと攻守同盟を結んだ「南ドイツ」軍は、北の連邦発足以来3年間、プロシア軍と会合を持ち、秘密裏に演習も行って普墺戦争での敵味方という軋轢を「ライバル」程度にまで落ち着かせることに成功していました

 また、ザクセン王国を筆頭に北ドイツの諸侯の軍隊はすっかりプロシア軍と同化していました

 この「新制プロシア軍」はそれぞれの地域、公国などの領域で軍の管区が分けられ、軍団長や師団長など上級指揮官こそプロシア出身の士官が多かったものの旅団以下では元の領域に属した士官が兵を率いたので混乱は少なかったようです

プロシアの上級指揮官たちもモルトケの指示をよく守り、各領邦のプライドを傷付けぬよう慎重に対応し、部下との親睦に努めたようです

あなたも好きかも:パチンコ バイト コミュ障
 また、これらドイツの軍は常備軍であり、根幹となる部隊は動員前から定員数で充足され、訓練も常時行われていました

あなたも好きかも:オンラインゲーム pc インストール
しかもこの常備部隊にはデンマークやオーストリア戦を戦い抜いた将兵がベテランとして残っていたので、新兵に戦場の有様をよく教え、いつでも準備万端といった状態でした

あなたも好きかも:パチンコ屋 スロット おすすめ
 モルトケ大将は、普墺戦争で露呈したプロシア軍の欠陥を、「次のフランス戦までに改善する」ため、参謀たちの尻を叩き、ローン陸軍大臣らと協議を繰り返して難問を一つ一つ解決して行きました

 改善の中心となったのは、完全なる勝利に見えた普墺戦争で、モルトケが大いに反省した次の三点でした

 1・野戦部隊に対する参謀本部の「権威」が劣り、参謀本部の作戦命令が徹底されなかったこと 2・鉄道輸送がハード面(敷設距離や敵の妨害による通行不能など)とソフト面(ダイヤ運行や列車編成など)で未だ満足出来るレベルではなかったこと 3・砲兵部隊が敵オーストリア部隊と比べ、著しく劣っていたこと まずはこの三点を改善すべくモルトケは心血を注いだのでした

 一番目の参謀本部の権威強化に関しては、前述の通り普墺戦争の結果、モルトケの名が内外に響き渡り、指揮官が一目置き、参謀たちも自信を付けたことで改善して行きます

 旧弊頑迷な「ご老体」が隠居し、新たに昇格した若手の士官たちは真の意味での「共同責任」と「委任命令」というグナイゼナウ以来伝統の参謀本部方針を理解しており、これが次第に下部部隊へと浸透することで後にドイツ軍が「士官が全員倒れても兵士だけで戦う」と言われるような精強さの元になるのでした

 二番目の補給問題は、鉄道網を更に充実させ、通信線も最前線まで確実に延ばすことでハード面を強固にし、鉄道ダイヤの欠陥や運送の計画などは根本から見直され、改良が加えられていきました

 これにはクルップを始めとするプロシア工業界の急速な発展と軍への協力が大いに役立ちました