ルパン 三世 パチンコ タイプ ライター

ルパン 三世 パチンコ タイプ ライター

肉や魚、その他の稀少な食材を使ったものの場合は、なんと、最大一か月程まで

契約者とは何の関係のない料理人が作った食事を与えても、なぜか契約者である歌乞いの命が削られるのだから、魔術の理という目には見えないものらしい恐ろしさではないか

対する魔物も、その力を以ってすればどこでも得られる人間の食事のどれもが、契約者の与える食事には及ばなく感じられるのだそうだ

(でも、魔物達が恩寵と言うだけのことはある

これは、彼等にとってとても都合のいい仕組みなのだから)所詮、歌乞いが魔物に与えるのは嗜好品に過ぎず、魔物達が奉仕として与える力は、元々その魔物の質に見合った無理のない労働に尽きる

命を削ってその機会を得る人間とは違うのだ

あなたも好きかも:ガチャ スロット
魔物達は、己の趣味と欲求を充分に満たして適度に働くという、たいそう不平等な契約なのだった

「確かに歌乞いというものは、我々にとってのある種の恩寵なのだろう…………」「…………恩寵になれなくてすみません」制御出来る見込みのない高位の魔物の目を見る危険は冒せなかったので、しょんぼりしたネアが蹲りながら詫びると、どこか微笑みを含んだ眼差しを感じた

それはなぜか、この脆弱な人間を皮肉ったものではなく、この上ない上機嫌さの気配を帯びている

(…………不思議だわ

この魔物は、どうしてそんなに嬉しいのかしら………)そうして、ふと視線を上げて気付いてしまった

淡くきらきらと、そしてふくよかに揺れる森の色彩が、ネアがやって来た時とは比べるまでもないくらいに、彩り豊かに光り輝いているではないか

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ 潜伏セグ
それはまるで、この目の前の魔物の機嫌の良さを反映するようで、あらためて、これはもしや、飛び抜けて特別な生き物なのではないだろうかと考える

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 初代 中段チェリー
ぼうっと青白く光る枝葉の影に、しゃりしゃりと育つ星屑めいた光を孕んだ鉱石の花

森の茂みには美しい花々が咲き乱れ、ゆっくりと枯れ落ちてはまた花開く

だからこそ、考えるのだろうか

(そもそも、魔物というのは、どうやって扱うものなのだろう…………?)このような美しく恐ろしい生き物と、どうやって共に暮らしてゆくのだろう

そんな、とても大切な事を調べておくのを、すっかり失念していた