射水 市 パチンコ

射水 市 パチンコ

「………………不可解なことを言う

私が、……………私の体を奪った?」「ええ

本当のイブさんは、穏やかで優しい方で、釣りが好きで陸に憧れる素敵な海竜さんでした

あなたは、あなたが体を奪ってしまった後、イブさんがどんな風に暮らしたのかをご存知ですか?」ざわざわと、漆黒の騎士服の竜達が顔を見合わせどよめく

けれどもその中で唯一人驚きもしない暦王は、その冷静さが故に、仲間達の中では酷く孤独に思えた

「知る筈もないし、知ろうとも思わん

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ4 保留変化
そんな戯言で、ロキウスはお前達を利用したのか」「いいえ

あなたも好きかも:ウェブ ルーレット
私がロキウスさんにお会いしたのは、今日、この王宮の牢屋でのことです

私はただ、あの穏やかな浜辺で暮らしていた、優しい海竜の王様に出会っただけなのですから」「…………ほお、イブと名乗る竜に出会ったと?」「あの方はただ、あなたの犯した罪のせいで、正式な継承の叶わない仲間達を案じただけでした

あなたに復讐をして欲しいとすら言わなかったのです

だからこそ私には、あなたとゆっくりお話が出来れば、その為の手助けをする準備がありました

……………それなのに今の私は、あなたのような酷い人は、相応の報いを受けるべきだと思ってしまうのです……………」ネアはそう言うと、ふすんと鼻を鳴らした

猛烈な血臭の中、冷たい海竜の王宮の礼拝堂の床に座り込み、指先についたロキウスの血を握り込む

するとその血は、どろりとした生温かさから、さらりと乾いた砂のようになってさらさらと崩れ落ちた

床に零れた赤い砂は、淡く煌めくとそのまま燃え上がって消えてしまう

「謀の為に整えられた妄言に過ぎん

愚かで強欲な人間よ、我らの海を貶めた罪をせめてその命で贖うがいい」騎士達の動揺を鎮める程の朗々たる声は確かに王のもので、でもそれはイブの持ち物だったのに