パチンコ 新内規 新台

パチンコ 新内規 新台

それさえわかってもらえれば……

 優樹は歯を食い縛り呼吸を整えると、意を決して椅子を立ち、彼女のあとを追い掛け礼拝堂の奥へ進んだ

 普段は誰も入らない物置部屋

神父の気配がないことを確認してからそこに入ると、少女は薄暗い室内の奥に進み、閉められているドアノブの鍵穴に鍵を差し込んだ

「……昔と変わらないわね、ここのドア

あなたも好きかも:スロット msガンダム
まだこの鍵が使えるなんて

取っ替えた方がいいのに」 呆れ混じりに呟きながら静かにドアを開けると――そこは部室の隣の裏部屋だ

 優樹は戸惑い、立ちすくんでいたが、少女に顎をしゃくられ、数歩、裏部屋に入った

 向かう先は、奉仕屋部室に続く塞がれたドア

あなたも好きかも:ぱちんこ さくらんぼ
互いに会話もなく、じっと耳を澄ませば、微かだが話し声が漏れ聞こえてくる

あなたも好きかも:ドラクエ6 カジノ 当たりやすい
内容まではわからないが、数名の声だ

その声を聞いて、優樹は内心ホッとした

 ちゃんと部室に集まっている、というのも安心の材料だが、朝からもうずっと彼らの声を聞けていない状態で、なんだか気持ちがウズウズしていた

微かでも声が聞けて、存在を確認出来て、それだけで気持ちが解れた

 ――だが、その時だ

 「あははっ」と複数の笑い声が聞こえた瞬間、優樹はドキッと心臓を高鳴らせて少し目を見開いた

傍で同じように耳を澄ましている気配が動いた……

 その後も何度か笑い声が漏れ聞こえたあと、少女は耳を澄ますのをやめ、俯いている優樹の手を引っ張るとそこから出て物置部屋に入り、ドアを閉め、また足早に歩いて礼拝堂へと進み戻った

 ギュッと握られた手が痛くて、引っ張られる腕が付け根の肩から痛くて、優樹は戸惑い心臓を高鳴らせた