まどマギ パチンコ 攻略

まどマギ パチンコ 攻略

さて、私の役割も果たすよ!」 前衛が畳み掛けているのだ、こちらもテテュラを止める一撃をと意気込んでいると、アイシアがこちらへ走ってきた

「リリィ! ごめん、私も止めるよ! だから……」「待ってたよ、アイシア

あなたも好きかも:パチスロ リノ bgm
あの分からず屋にキツイ一撃をお見舞いしてやろう!」 アイシアがこの最中に落ち込んでいた時、かけるべき言葉はあっただろう

 だけど、その中にアイシアのように訴えかけるだけという選択はなかった以上、かけるべき言葉はなかった

 だからと言って、テテュラを大切に思うアイシアに、戦うことで止めようとも言えなかった

 アイシアは俺達の中で一番優しい女の子だ

あなたも好きかも:パチンコ モスラ
自分勝手かもしれないが、そのままでいて欲しいと考えていたのかもしれない

 でもそれでも信じていた身勝手な自分もいた

 きっと自分なりの答えを見つけて、駆けつけてくれることを

「リリィ、アレやろう」「はは……いいよ

委員長、悪いけどちょっと離れて……」 ナタルは俺達から少し距離を取る

あなたも好きかも:オンライン麻雀 じゃんたま
 俺達は少し身を寄せ、アイシアは龍の牙の杖を、俺も杖を構える

「……いくよ!」「「火の精霊よ、我らが呼びかけに応えよ!」」 俺とアイシアは同時に詠唱を始めた

 その光景にナタルと遠巻きに見ていたハイドラス達も驚く

「共鳴詠唱(シンフォニック)だと……!」 ――共鳴詠唱(シンフォニック)とは名の通り、二人の魔法使いが共鳴するように詠唱するものだが、同時にというわけではなく、ルールが存在する

「――真炎に染まる誠の心……」「――示したるは信念の証……」 一つは、始まりは同時に詠唱を始める

周りの魔力を高めるためにも二人で行うものだと認知するため

 二つ目は、交互に詠唱を発すること

キャッチボールでもするかのように、二人の意思疎通を促し、飛躍的な術の質の向上を行う