パチンコ 同人誌

パチンコ 同人誌

例えば『炎焔の束縛(フレイム・ピラー)』なんかは50000も消費しますからそれがいい例です

知らない物についてですが…それは知らない度合いにも依ります

例えば『ヘキサフルオロケイ酸』という物質を作ろうと思った時、以下の様なパターンにわけられます

①『ヘキサフルオロケイ酸』という名前だけ知ってる

あなたも好きかも:乃木坂 パチンコ 曲
②H2SiF6という式を知ってるけど『Si』とか『F』について知らない

③原子量や性質、中性子数も含め完全に知ってる

①の場合、架空シリーズと同じ位のmpが必要ですし、②の場合はだいたい100~1000くらいです

あなたも好きかも:パチンコ モンスターハンター
そして③の場合は50ですね

あなたも好きかも:パチンコ お願い
今回の場合『ヘキサフルオロケイ酸』という物質(ぶんし)が小さいのでここまで綿密で面倒な知識を要求されますが、花奈さんがよく作るビルや月はかなりおおざっぱです

ビルは『大きさ』『材質』『内装』がイメージできてればいけます

第五層にあるクラウン本部のほど近くに、賑やかな子供たちが集まっている建物があった

 子供たちは建物の入口から出ようとしている所だった

「アリサ先生、さようなら~」「はい

さようなら」 子供の一人が、入口付近に立っているアリサに挨拶をして去って行った

 その子供を皮切りに、次々と子供たちが挨拶をしてその場から立ち去って行く

 最後の子供の一人がいなくなるのを確認してからアリサは、建物の中に入ろうとしてすぐ傍にニヤニヤしながら様子を見ていた同僚に気付いた

「・・・・・・何?」 アリサと年が近いラダは、ここで勤務するようになってから真っ先に仲良くなった同僚の一人である

「いんや~、何も

相変わらず子供たちに慕われているわねー、と思ってね」 からかうような表情をしているラダに、アリサは肩をすくめる