スロット ハイエナ 月収

スロット ハイエナ 月収

 それは一見滅茶苦茶に見えるが、余計な破壊はしておらず隠し通路などを的確に狙っていた

 ジャバルは宮殿内全てを理解している訳では無いが、元々直感力が高いのでこのような破壊行為を行えるのだろう

「今……!」「……! 何っ?」 そして、ジャバルが破壊している時、物陰に潜んでいたレイがジャバルに向けて剣を振るった

 ジャバルは、何故自分がレイの存在に気付かなかったのかと思っているような表情だった

「グ……!」 そんな事を考えている様子のジャバルに向けて斬撃を飛ばしたレイ

 斬撃は見事ジャバルへ命中し、ジャバルの身体を切り裂いた

 それによってジャバルは出血するが、ジャバルにとってはそこそこのダメージで致命傷ではない

あなたも好きかも:パチンコ 先読み ユニコーン
「テメェ……何時から潜んでいた……?」「さっきから……!」 ──先程から潜んで待っていた

つまりレイは、意識せずに気配を消していたのだ

 恐らくそれは勇者の使う技なのだろうが、どのような技か分からない

あなたも好きかも:パチンコ なくしたい
「ハッ、まあ良い……俺が油断しなけりゃ済んだ話だ……!」「……そう!」 二人は同時に動き出し、剣と足が激突して宮殿を砕く

 その斬撃と重さによって生じた衝撃によって辺りは崩壊するが、関係の無い事だろう

「ハッハッハァ!! 面白ェ!! 俺も久々に本気でやってみっかァ!?」「……ッ! まだ本気じゃなかったの……!? 私は結構限界だったのに……!」 ジャバルの言葉に驚愕するレイ

 レイの身体はもうボロボロで、動けるのが不思議なくらいだ

 にも拘《かか》わらず、ジャバルは本気じゃなかったと言う

「じゃあ、やるとすっかァ……!!」 力を込め、本気を出す体勢に入るジャバル