ぱちんこ バキ

ぱちんこ バキ

確かに……お前が徹底的に準備してきた対策は……見事だ……っ

まさか……これでも…………ごほっ

壊れない……なんて…………げほっげほっ」「マーリン様! 喋らないで! もう喋らないでください! っ! アギト! 強化を掛ける、せーのでいくわよ! フリード様も一緒に!」 揺蕩う(ドラーフ)——と、強化魔術を唱えようとしたミラに、マーリンさんは待ったをかけた

手のひらをこちらに向けて、それはよすんだ、と

でも……でもこのままじゃ……「…………そう……だね

お前はきっと…………言霊を唱えようとすれば……っ

あなたも好きかも:パチンコ 古い台 打てる ゲーセン
ぐっ……ごほっ……っ

あなたも好きかも:パチンコ スロット 情報
それさえ許さない……一太刀で首を刎ねられるだろう……ああ……憎たらしい…………敵に回すとこれ程厄介とは…………ね……」「……巫女様

私ではなくアギト殿に、ミラ殿に

そして……フリードリッヒ王子に、別れの言葉を残した方がよろしいかと」 ユーリさんはボロボロになったマーリンさんを見ても顔色一つ変えず、冷酷な程毅然とした態度を貫いていた

どうして……本当に……本当に何も変わらないじゃ無いか……っ

なにも……マーリンさんの隣にいた頃と何も変わらないのに……どうして…………こんな…………っ

「……ユーリ……そうだね、僕じゃお前には勝てなかった……でも、フリードなら…………ミラちゃんならわからない……よ……? ああ……うん…………でも…………残念ながら……それを証明する……手段……が…………えほっ……無い……ね……」「……そうですね

檻の中にフリードリッヒ王子が入る頃には、貴女はもう……」 ううん

と、小さくて、もう掠れてしまって聞き取れなくなる寸前の声でマーリンさんはユーリさんの言葉を否定した

首を横に振ることもかなわないで、焦点の合っていない視線をフリードさんに向ける