リング スロット 7日間

リング スロット 7日間

ライトノベルのネタ探し 現在最も小説家への近道なのは「ライトノベル作家」になることです

 しかし前回コラムでお話ししたとおり、ライトノベル作家には年に三、四巻を出版するノルマがあります

あなたも好きかも:カジノ 警備
週刊少年マンガも同様に年に四巻の刊行ペースです

読み手のターゲット層が重なるライトノベルと週刊少年マンガでは、求められる刊行ペースも等しくなります

これより速ければ積読が増えていきますし、遅ければ忘れ去られてしまいます

あなたも好きかも:カジノ ハウステンボス
年に三、四巻は中高生にとって理想的な刊行ペースと言えるでしょう

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の 拳 強敵 実戦 動画
 そんなペースで作品を書くなんて無理

ネタがすぐに尽きるし

 そんな声が聞こえてきそうです

でもネタはけっこうありますよ

学園ものはイベントを活かす 年に三、四巻ということは「春夏秋冬」に一巻ずつ出すということです

これは作品に季節のイベントを絡めて書けるという利点をもたらします

 学園ものであれば春なら卒業や進学やクラス替えや花見、夏なら夏休みや海水浴や登山や合宿、秋なら芸術や食べ物や体育祭や文化祭、冬なら年末年始や受験やバレンタインデーや修学旅行などです

パッと思いついただけでもすぐにこれだけのネタが挙がります