とある パチンコ テンパイ図柄

とある パチンコ テンパイ図柄

 世界が色褪せているように感じたのはこの辺りからだ

「大雑把にまとめりゃ悪が許せなくて力が足りないから悪に手を染めて、気づけば敵だらけになって自滅した

その後は目立たないように生きていたら味気ない人間になっちまったってところだ」 そんな世界に対し辟易として惰性に生きていた時にこの世界に訪れたのだ

 文明の未熟な世界、だけどもこの世界の多くの人達が生きることに力を注いでいた

 全員が望ましい人間と言うわけではない

 差別、迫害、レッテルの貼り付け、偏見、そういったものはどの世界にもある

 それでもまだこの世界は分かりやすかった

シンプルで生きていく上で心地良かった

あなたも好きかも:新鬼武者 パチンコ
 気づけば昔のように感情的に行動できるようになっていた

あなたも好きかも:成増 スロット館
 だが同時にそれは昔のように感情が揺れやすくなったと言うことだ

あなたも好きかも:関乱カグラ スロット 天井
 本能的に危険と感じ、この世界でも人との距離は保ち続けようとしていた

「紫の魔王に本気の感情を向けられ、正直怖かった

ターイズやメジス、そしてお前との関係をなるべく平らにしようと考え、逃げるような対処を取っていた

だけど、どうも地球と同じように生きてもこの世界じゃ望んだように生きられないようでな