スロット 名古屋駅

スロット 名古屋駅

「いやいや、良かったですねえ、フィレル将軍

あなたも好きかも:羽曳野 パチンコ 求人
聖王国軍の方々にお褒めいただいて

ちなみに…」 シャルンホストは、カイに顔を捻じ向ける

「あなたはどう思いました?カイ・ネヴィル殿」 カイは、シャルンホストに話しかけられたのが不快かのか顔を顰め、「…別に」 とだけ、短く答えた

あなたも好きかも:港南台 パチンコ おすすめ
「おやおやおや、別に、という事はないでしょう

あなたも好きかも:オンラインカジノ 勝つ
何かご感想があるのでは?」「別に大して驚くような試合じゃなかった

いや…はっきり言えば、程度の低い試合だったな

オレが感じたのはそれだけだ」 吐き捨てるように言った

和やかだった場の空気が一瞬で凍りつく

「あわわ…い、いきなり何言い出すんっすか、ネヴィル卿…っ

えっとですね、シャルンホスト将軍

これは言葉のあやというか…」 エマが慌てて取り繕うとするが、それは成し遂げられなかった

「聞き捨てなりませんね」 フィレルがカイを睨みつける

「程度の低い試合と仰るのであれば、あなたならば私たち以上の戦いができるという事でしょうか」「当然だ」「では、それを証明してもらえますか?模擬戦闘《トーナメント》で私達と対決していただきましょう」

「おふざけにならないで」 カーテンの向こうで、怒りに満ちた低い声が響く