パチンコ 2/3

パチンコ 2/3

一体どれだけのことをしでかしたのか不安になってしまう

加えてその罰は、一定期間のリーエンベルク無償奉仕の一環なのだ

これは、エーダリアからヒルドに、何とダリルにまで適応されてしまうので、さぞかし胃が痛いだろう

「手を借りてすまない

こちらでは悪夢の状態までを逐一観察は出来ないので、知らせてくれて助かった」「………君は、ヒルドが言うように頑固なのだろうね

今は私にもここを守る理由があるのだから、もう少し気楽にしていたらどうだい?」「き、気楽に………だろうか」「君達が、ネアの良き隣人でいる間はね」「…………確かに、そうするべきなのだろう

あなたも好きかも:ぱちんこ 産業廃棄物
ただ、私が気負いなく接するには、あなたは高位過ぎるのだ」「そうかな?君の足元で寝ている狐も、元は王族相当の魔物だよ

あの子に言わせるとね、魔物はせいぜいそんなものなのだそうだ」「……そんなもの?」「強くて綺麗で、したたかなくせに無知で愚かな可愛い生き物らしいよ」「…………っ!ネアはそんな事を言っているのか?!」「ほら、君はそうして身構えてしまう」魔物の王はそう微笑んで、指先で首筋を撫でた

先程から何度かそうしているが、何か違和感でもあるのだろうか

あなたも好きかも:テラフォーマーズ 演出 パチンコ
「あの子は言うんだ

あなたも好きかも:田川 パチンコ 求人
だからこそ、脆弱なくせに強欲でずる賢い人間とは、ちょうどいいのかも知れないって」それはまるで、しょうもない惚気話を聞かされているようで、辛うじて命を繋いだものの切実な告白を聞いているようでもあった

「さっきね、アルテアに首を落とされそうになったのだけれど…」「く、首を?!」「そう

掻き斬られたから少し派手なことになってね」「ち、血は……、魔術基盤は大丈夫なのか?!あ、………いや、すまない

負傷は問題ないのか?」一瞬激しく動揺してしまってから、驚いた顔でこちらを見た特等の魔物に慌てて謝罪した

畏怖の対象ですらあるこれだけの存在を捕まえて、魔術基盤の心配など不敬にも程がある

しかし、万象の魔物は少しだけ微笑みを深めたようだ

「ふうん、成る程ね

君はそういう反応になるのか

やはり特殊ではあるんだね