爆サイ 京都 パチンコ

爆サイ 京都 パチンコ

彼らはメジエール要塞を包囲していた独軍諸隊を刺激して度々遊撃を誘いますが、独軍はまとわりつく蜂に四苦八苦する熊のように翻弄され続け、これを絶滅するどころか根拠地すら制圧することが出来なかったのです

19世紀後半アルデンヌ県の地図 この状態は70年末まで変わらず、12月15日には少々目立つ衝突すら発生しています

 この日、セダンからヴージエに向かっていたコットブス後備大隊の第4中隊は、目的地直前で義勇兵の一大集団に奇襲されてしまいました

あなたも好きかも:東灘区 パチンコ 青木
しかし直ぐに態勢を整えたブランデンブルクの後備兵はエーヌ河畔で反撃し、広い場所での野戦に不慣れな義勇兵たちは短時間で戦闘を収めシュストル(ヴージエの北東2.3キロ)方面に向け遁走するのでした

 この地域を管轄するランス総督府としても手を拱いていた訳でなく、10月8日にラン(Laon)から義勇兵や護国軍兵の「巣窟」と目されていたサン=カンタン(当時はまだ仏北軍はありません)に向け遊撃を試みましたが、サン=カンタンには独軍の想定以上に多数の守備兵がおり、隊を率いていたメクレンブルク=シュヴェリーン大公国のフォン・カールデン大佐も諦めて引き上げるしかありませんでした

 カールデン大佐は10月21日、今度は出せるだけの兵力を総督府から預かりサン=カンタンに対するリベンジ戦に臨み、今回貴重な野戦砲兵を引き連れていた大佐は、この予備軽砲中隊6門の4ポンド砲を郊外に展開させて市街に数発の榴弾を撃ち込ませると、今度は仏守備隊の多くが逃走し街も簡単に白旗を掲げたためサン=カンタンは占領されるのでした

※1870年10月のカールデン支隊指揮官 アウグスト・パウル・フォン・カールデン大佐(竜騎兵第17連隊長)□10月8日出撃○コットブス後備大隊・第1中隊と第2中隊半数○竜騎兵第17「メクレンブルク=シュヴェリーン大公国」連隊・第2,3,5中隊□10月21日出撃○フランクフルト・アン・デア・オーデル後備大隊○キュシュトリン後備大隊○ヴァルデンベルク後備大隊○竜騎兵第17連隊・第2,3,5中隊○野砲兵第10連隊・予備軽砲第1中隊カールデン その後、フォン・マントイフェル騎兵大将率いる第一軍がアミアンに向かって進撃(11月中旬)するとアルデンヌ地方から義勇兵の姿は徐々に消え、ソアソンからパリ北方包囲網の末端駅・ゴネスやミトリー=モリーに通じる鉄道沿線の警備はマース(第四)軍の兵站守備隊に任されることとなります

あなたも好きかも:葛西 パチンコ 駐車場
 一方、11月末にアミアンを占領した第一軍はそのままセーヌ下流域に進撃し、追って12月3日アミアンへ到着した第一軍兵站総監部は野戦病院のため二、三の病院所在地を占領して接収すると、ルーアンを占領した野戦部隊を支えるためにアミアン~ルーアン鉄道沿線にも守備隊(ザンクト・ヴェンデル後備大隊と予備驃騎兵第6連隊の第1中隊)を送りました

 この頃、仏北部軍の活動が活発化し、アムが襲われ第3鉄道隊が全滅に近い損害を受け、その一部はラ・フェール要塞にも迫ります(「アミアンの危機」を参照下さい)

 ランス総督府はこの危機に際し、12月11日にフランクフルト・アン・デア・オーデル後備大隊と野砲兵第10連隊の予備重砲中隊に若干の驃騎兵を付けてラ・フェールに派遣しましたが、同時にパリ北部包囲網からマース軍の強力な支隊が二つオアーズ川を遡るように派遣され、それに勘付いたのか仏軍(ルコアント将軍の支隊)は北方へ消え去ったため、ラ・フェールは安全とされランス総督府は部隊引き上げを決したのです

 この決定によってラ・フェール派遣隊を率いていたカール・クリスティアン・ゲルダス・アルフレート・フォン・クローン大佐(予備役招集で後備第4旅団の後備混成第24/64連隊長)はランスへ帰還しようとしますが、総督府はついでにアルゴンヌの森林地帯も偵察させようと「そのままベルダンへ向け前進する」よう命じます

大佐は麾下と共にベルダンへ向かいますが途上、自隊に数倍する強大な仏義勇兵部隊と遭遇したためベルダンへ向かうことは出来ず、ランスに帰還するのでした

あなたも好きかも:スロット 人が変わると当たる
 独第一軍司令官、フォン・マントイフェル騎兵大将は12月下旬、ルーアン~アミアン間の鉄道沿線警戒を兵站総監部ではなく野戦部隊に任せる決定を下し、このため1月2日、アミアンからシャンティイ(パリ北郊サン=ドニの北30キロ)へ異動した同軍兵站総監部はクレイユ(シャンティイの北7.5キロ)からアミアン、同じくボーヴェへ向かう鉄道沿線の守備のみを行うこととなります

しかし、新たに後方から兵站総監部へ送られた後備4個大隊(後備混成第22・62連隊)は1月中旬以降(サン=カンタンの戦い前後)に到着となったため、多くは兵員不足に悩む野戦軍の指揮下でペロンヌ要塞とアミアンの警備に回されてしまうこととなりました

ジヴェ1815年の地図(ロシア製) メジエール要塞(と兄弟都市のシャルルヴィル)が陥落(1月2日)した後、アルデンヌ鉄道を守るランス総督府はベルギー国境に残った二つの重要な要塞のうち、ジヴェだけを警戒することとなります

 国境要衝のジヴェ要塞(メジエールの北42.4キロ)は、このベルギーへ半島状に突起した仏領に潜む義勇兵の拠点(義勇兵は危険があれば直ぐに親仏のベルギーへ逃げ込めます)となりますが、独軍としてはこの地形によってその「巾着口」(メジエールの北東方からロクロワまでの直線25キロ)を監視・封鎖してしまえば良く、占領したメジエール要塞とロクロワ要塞の駐屯部隊が切れ目なく監視・斥候隊を派出するだけで事足りました

時には義勇兵の目立つ出撃もありましたが、最も大きかった1月15日の仏白国境沿いジェスピュンサール(メジエールの北東11キロ)への突破出撃も、当時メジエールにいたキュシュトリン後備大隊第8中隊の半数による迎撃だけで少時で撃退出来たのです

結局ジヴェ要塞は一度も独軍に攻撃されることなく休戦に入りました