ハルヒ スロット 爆発

ハルヒ スロット 爆発

 ガラスに近寄っても怖くないよう、外は一応テラスのようにもなっている

 外の明かりがそのまま差し込み、照明がいらないくらい

 広く、明るい廊下のスペース

    そこにいる、数名の男女

 矢田自警局長ではない

あなたも好きかも:ブラックジャック 差別用語
 しかし見慣れた

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に パチンコ 絆
 いや、親しんだ顔

 慕うと言ってもいいくらいに

    「久し振りだな」 やや低い、小さな声

「そうね」  私も声を抑え、そう答える

「この先へ、進む気か」「呼び出されたら、行くしかないでしょ」「そういう連絡は聞いていない」 全てを切り捨てるように言い放つ舞地さん

 キャップの下から覗く怜悧な視線が、私を捉える

「舞地さんには関係ない」 動悸が速まるのを理解しつつ、彼女との距離を詰める

「止まれ

それ以上来るな」「どうして」「誰も通すなという指示を受けている

特に、お前達には会いたくないらしい」 腰をためた舞地さんに反応して、私も膝を軽く曲げる

 隣にいるショウも