大工の源さん スロット 設置店

大工の源さん スロット 設置店

 敵マクマオン将軍はさすが名将とあって防護陣地は大変強固で、兵力も予想以上に増援を得て強化され、そこに統一感のない突撃をした普軍は愚かのそしりを免れない状況でした

 希望はB(バイエルン)軍で、第4師団は叩かれたとはいえ再興して戦いに復帰すべく勤め、その後方から増援もやって来ます

あなたも好きかも:パチンコ スーパー マン 新台
同僚のB第1軍団からは第1師団が戦闘準備を完了し戦線に登場、左翼の第11軍団後方からは増援とヴュルテンブルク師団が接近していました

あなたも好きかも:reゼロ スロット フリーズ
 但し今後戦闘に参加出来そうなのはここまでで、以降の増援は戦いのクライマックスには間に合わない状況でした

 この、北はゲルスドルフから南はグンステットに至る戦線正面には200門に及ぶ普軍の優秀な砲兵が並んでおり、これで多少の敵は粉砕され、普軍の攻勢に対し今まで以上の大きな援護が期待出来ます

あなたも好きかも:ビッグアップル パチンコ 長崎
 斥候や大本営からもたらされた今朝までの情報では、仏軍マクマオン大将は自身の第1軍団4個師団の他に南の第7軍団から1個師団、西の第5軍団からも1個師団を加える可能性があり、その戦闘員数は6から7万程度とはいえ、その後も時間を経れば経るほど増援がやって来る可能性があり、現在の兵員数の差を思えばドイツ側の有利な状況は日を経る毎に無くなって行く、と言うこともあります

 しかもマクマオンはある程度の防戦で逃げてしまう可能性はあり、フリードリヒ皇太子は、不本意ながらも今日、この会戦を最後までやり遂げようと決心したのでした

 午後1時

皇太子とブルーメンタール中将は「攻撃を統一し増援を必要な場所へ配置するため」以下の命令を第三軍命令として発するのでした

 B第2軍団は仏軍左翼に攻撃を集中し、レッシュショフェンを目標に仏軍後背に圧力を掛けよ

 B第1軍団は主力を迅速に進め、B第2軍団と普第5軍団の間に展開、攻撃参加せよ

 第11軍団は戦線南方よりニーダーヴァルト~エルザスハウゼン~フロシュヴァイラーへ突進せよ